2004年05月17日

続・ソーシャルネットワーキング

前回(って言っても数時間前)、ソーシャルネットワーキングを紹介して欲しいと
書きましたが、早速、1つのソーシャルネットワーキング参加者から
ご紹介をいただきました。。感謝っ!

ということで、とりあえず登録してまいりました...

確かに、何に使ってよいのだろうかと悩まされるシステムですね。。
でも、名刺交換をオンラインで楽しむような感覚は得られそうです。
また、自分では活かしきれない人脈を有効に利用できる可能性を感じます。

特に私のような個人事業主にとっては、「普段会えない人に会う」というのが
ある種、仕事のひとつであるようなところもありますので。

引き続き、既にソーシャルネットワーキングに参加されている方からの
ご紹介をお待ちしております。
いろいろと詳細を比較しながら、自分の主戦場を決めたいと思います。

よろしくお願いいたします。
posted by ケーストックス at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月16日

アマゾンとbk1

同じシーサーブログの中にバルタンさんという中小企業診断士の方が
いらっしゃるのですが、その方の記事をみて、オンライン書店について
少し見てみようと思いました。

ということで、アマゾンドットコムbk1を探訪いたします。

アマゾンドットコムは、言わずと知れた世界ナンバーワンのオンライン書店です。
以前に書いたように、アソシエイトプログラムというアフィリエイトを
活用した広告戦略や、ワンクリックで書籍が購入できるシステムの導入など
オンラインでの商取引の可能性を追求してきたサイトです。

また、本の感想文(レビュー)を掲載するシステムもいち早く導入して
「オンライン書店は立ち読みが出来ない」という欠点を、カバーしつつ
他人の評価がすぐに分かるという、利点へと転換したことも評価できます。

ただ、とにかく、アソシエイトプログラムは儲からない。。
本当に本は売れているのかと心配になります。

私が最近お気に入りのアマゾンのサービスは、マーケットプレイスです。
まぁ、簡単に言うと、中古本の個人間取引の仲介システムです。

アマゾンの個別商品ページの右側に、中古本の購入ボタンがあります。
中古本は、こちらから購入することが出来ます。

ただし、私自信は、中古本が昔から好きではないので、購入者としての
利用はしたことがないのですが、販売サイドとして、50冊以上出品し
販売いたしました。

これが、すごい勢いで売れるんですよ。驚きます。
アソシエイトとして、アマゾンに関わっていた頃に持ったオンラインでは
本は売れないというイメージが払拭されましたね。。


一方、bk1です。犬が目印のオンライン書店です。
基本的なところは、アマゾンドットコムと同じなので割愛するとして
今回、私が、この記事を書く原因にもなったのですが、

bk1は、ブログから個別商品に対し、トラックバックできます!

これって、うまいなぁと感心しました。
それと同時に、アマゾンは先を越されたんだなぁという感想です。

ブログを活かした金儲けということで、可能性を感じさせる試みですよね。
誰にとっても利益につながる良いシステムだと思います。

さぁ、アマゾンがトラックバック導入までに、どれくらいかかるでしょうか?
楽しみですねぇ。ってことで、以上です。


posted by ケーストックス at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エーハチネット

オンライン上の金儲けの中で、最も有名かつ安全性の高い方法といえば
やはり、アフィリエイトです。木村剛さんのブログでも取り上げられてましたね。

アフィリエイトとは、自分の作成したホームページやメルマガなどに
企業の広告を掲載し、広告収入を得るという仕組みです。
一部では、インターネット最大の発明として、評価されております。

私自身も、様々な形で、このアフィリエイトに取り組んでまいりました。

最初にはじめたのは、アマゾン・ドット・コムのアソシエイトプログラムという
書籍販売のアフィリエイトでした。本の感想文を掲載するページでして
かなりの投稿数、アクセス数を誇るサイトでしたが、結果は不発。。

まだまだ、インターネットで本を買うというのが一般的な時代ではなかったよです。

その後、様々な試行錯誤の末、現在では、1つのアフィリエイト会社を
メインに使用して、収入の一部としております。

まず、アフィリエイトサイトとして、私のお気に入りのプログラムは
エーハチネットです。

エーハチネットの特徴といえば、他のどのサイトよりも使いやすいという
ことでしょう。

アフィリエイトの管理といえば、「リンク作成」と「報酬の確認」の2つが
メインの機能といえますが、このどちらをとっても、エーハチネット以上に
機能的なサイトはありません。

以前は、他のサイトと比較して、取扱い広告企業の少なさや、種類の悪さが
目立つサイトであったのも事実ですが、その点も改善されてきました。

もっとも、すごくメジャーな企業が乱立しているわけではないですが。。
(ちなみに、メジャー企業の広告ならリンクシェアがオススメです。)

ついでに、アフィリエイトの使い方としての工夫を少しばかり。。

まず、クリック報酬のある企業の広告を選択しましょう!
大きく儲けることは出来ませんが、コツコツと報酬が積みあがります。
あまり、大きな売上報酬に気を取られていると、成功は遠いですよ。

それから、インターネットの特徴として、比較サイトが人気ですので
特定のカテゴリに絞って、アフィリエイトを比較するような形で
サイト作りをすれば、うまく機能するのではないでしょうか?

今年に入り、圧倒的な人気なのは、消費者金融の比較サイトです。
また、ここ数ヶ月の特色としては、ライブチャットの比較サイトも多いです。

では、皆さまのご活躍を期待しております。
posted by ケーストックス at 20:15| Comment(0) | TrackBack(2) | ウェブ探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

ヤフージャパン

今更ながらではございますが、ヤフージャパンについて書きます。

金儲けの視点からヤフーを見たときには、やはりヤフーオークション、
いわゆるヤフオクが儲けの宝庫ですよね。
いや、正確に言うなら、儲けの宝庫でした。2003年の下半期は
「情報販売」という偉大な発明により、金儲け人達の注目を集めました。

無形の資産を金に出来る出品者と、思わぬ情報が手に入る落札者とで
ヤフオクはごった返していまいた。。しかし、その後、ダンピングが
激化し、一時期は2万円近くであった情報相場が、まさかの1円まで
一気に転落していきました。

それに加え、現在では、情報サギの横行という社会問題を背景として
ヤフーは情報の販売を認めておりません。というより、情報の出品を
片っ端から削除して回っております。

今、情報販売なら、ここですかね・・・情報コンビニ「電脳招き猫」

このような現状下でも、出品者は、様々な創意工夫を行いながら、
新たなる金儲けの種を探して回っております。
どこにチャンスが潜んでいるか分かりませんからねぇ。

しかし、最近のヤフーの過度の防犯というか、配慮のない削除行為は
目に見張るものがあります。上に述べた情報出品の強制削除もそうです。
ほとんど、内容になんて目も向けず、「情報」「販売」ってワードだけ
検索して削除しているのではないかと思える状況です。

また、ヤフオクだけではなく、掲示板についても同じ事がいえます。

たとえば、下記の書き込みが削除されました。
============================================================
ノベルティ 2004/ 5/12 22:42
投稿者: ************* 男性/東京都 メッセージ: 14
ノベルティ商品として最適な商材を手に入れました。
夏に向けて、人気が出るのではないかと思います。

日本国内独占販売を得ての海外製品のご紹介です。

御興味がある方は、まずは、こちらにご返信ください。

============================================================

削除理由は、下記のようなことだそうです。

============================================================
Yahoo!掲示板ヘルプ にありますように、本人、他人にかかわらず
氏名、電話番号、 電子メールアドレス、住所などの個人情報は
一切投稿は、ご遠慮頂いております。
Yahoo!掲示板は公共の場の一つであることを忘れないでください。
この掲示板に参加している全ての人に投稿を見られることがありうる
ことを頭において投稿を行なってください。
============================================================

いったい、上の書き込みのどこに、個人情報が記載されてるんですか?
全く理解に苦しみます。問い合わせのメールをヤフーに対し配信を
しましたが、未だ回答はなし。まぁ、いつものことですが。

明らかに間違っていることに対する問い合わせも、全てと同じように
無視されるのは、どうかと思います。

このような怒りも常に、ヤフーに対しては持ちつづけてはおりますが
とはいえ、ナンバーワンポータルですし、当ブログへも多くの訪問者を
送り込んでいただいております。

今後も、ヤフーを最大限に活用し、新たなビジネスを作っていきたいと
考える次第です。
posted by ケーストックス at 13:48| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブ探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月09日

ライブチャットというアダルト


Click Here!


今回のウェブ探訪はライブチャット提供サイトです。

まだ、ライブチャットというものを知らない方のために少々解説を
いたします。

ライブチャットとは、女の子とのチャットを楽しみたい男のために
チャットの場を提供するサービスです。あらかじめ、1ポイントが
○円というように設定されたポイントを購入します。

たいていの場合、1ポイントで1分の会話ができるシステムです。
会話はただのチャットではなく、カメラによって女の子の映像を
見ながら会話が楽しめます。

一方、チャットに参加する女の子は、ライブチャットサイトに、
登録をした上で、自宅のパソコンにカメラを設置して待っています。
そして、チャットをした時間分だけ収入が入ります。

女の子がもらえる報酬の相場は、1分で38.5円くらいです。
楽しい会話をできる子、見た目がかわいい子、サービス精神が
旺盛な子などが多くの収入を得られる仕組みです。

今回、探訪するのは、「BBchat.tv」というライブチャットサイトです。
数あるライブチャットサイトのうちのひとつではありますが
サイトのデザインが綺麗で見やすく、また、システム的にもいいので
コチラを例にあげて紹介させていただきます。

そもそも、今回ライブチャットをなぜ取り上げたのかと申しますと
やはり、現在のオンラインコンテンツの中で、ある意味、注目すべき
コンテンツであると認められる部分があるからです。

オンラインであることの魅力を最大限に活用したコンテンツだと思います。

あくまで、ライブチャットサイトというのは、男女ふたりの間をつなぐ
役目だけをする箱のようなもので、いわゆる「CtoC」を実現する
ための役割しかになっておりません。

ヤフーオークションを代表的存在とするネットオークションが
物の売買において「CtoC」を実現したとするなら、ライブチャットは
男女のコミュニケーションという部分で、「CtoC」を実現してます。

アダルトにカテゴライズされるコンテンツであるがゆえに、世間的には
格式高いものとして評価を受けることはないと思いますが、しかし
現在のオンラインコミュニケーションの代表格として、今後のビジネスに
何らかのヒントを与えてくれる存在だと思います。

まぁ、アダルトなので、適当に書くと単なるエロ情報に思われがちなので
少し難しく書きましたが、言いたいことは、「ライブチャットは凄い」と
いうことだけです。。。

で、今回探訪した「BBchat.tv」ですが、現在、10分の無料体験やってます。
このブログで初めてライブチャットを知ったという方はもちろん、
すでにライブチャットをしたことがある人にも試してもらいたいです。

特徴としては、オフラインの女の子にメールを出すことができます。
試してみると分かりますが、返答率は、かなり高いです。
女の子の気持ちを探るのに使うという、そもそもの手段のほかに
どうしてライブチャットを始めたのかなどのリサーチにもなります。

色々と話を聞くことができて、楽しいですよ。

ここまで読んで気づかれた方も多いと思いますが、このメールの
機能だけを抜き取ったものが、いわゆる出会い系サイトです。
というより、100%写真つきで、かつ素人である女の子からの
返信がもらえるという点で、出会い系サイトより長けています。。

無料登録で、多くの女の子へのメール送信&受信は、是非とも
色々な目的に活かしていただきたいと思います。
私は、この機能を他のライブチャットサイトで実行しましたので
BBchat.tv」については、まだまだ使える作戦だと思いますよ。

てな感じで、今日はこの辺で。。
このライブチャットを応用して、何かのビジネスができる気がする。。

posted by ケーストックス at 05:29| Comment(0) | TrackBack(2) | ウェブ探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月07日

ライブドアブログ

シーサーブログを使っておきながら何ですが、ライブドアのブログが
気になっております。というのも、とてもブログ普及に力を入れて
いるなぁと感じられるんですよね。

精魂込めて作ったページを簡単に削除するメルマ!ブログとは大違い
でございます。

何が言いかというと、ブログを使いこなす為のノウハウのブログが
とても親切な解説で分かりやすいことが、まず好感がもてます。

それから、グーグルでのヒット率も高いような気がします。
気がするだけかもしれませんが。。。。


また、倉木麻衣や、ひろゆき殿のブログなど話題性も十分です。
個人的には、念力ブログも注目してますが。。頑張ってください。

てか、グーグルで「ブログ」を検索すると、、念力ブログって、第3位なんですね。。。
アイデア勝ちって感じですねぇ。。。

加えて、エキサイトブログが第1位ですかぁ。。へぇ〜
シーサーも2位なんですねぇ。もう少し頑張ってください!!

とはいえ、私はシーサーブログで頑張ります。

そこで、シーサーブログに一点お願いを。。。
トップページにアクセスランキングをつけてください。
金儲け速報がランキングされるように頑張りますので。

あと、シーサーブログ内の有名サイトを知りたいのでお願いします。
posted by ケーストックス at 23:46| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブ探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

「2ちゃんねる」と「1ch.tv」

ひろゆき殿からのトラックバックをいただいたところで
はじめてのウェブ探訪記です。

ひろゆき殿の「2ちゃんねる」と、西氏の「1ch.tv」です。

まず、「2ちゃんねる」ですが、今更、探訪するなよっていう
クレームをいただきそうなくらいの超有名サイトです。

夜中にウロウロと見させていただきましたが、さすがの勢いです。
私自身、それほど2ちゃんねる独自の用語に精通しているわけでは
ないですので、詳細不明な板も数多くありましたが、やっぱり
掲示板サイトとしては、あるべき姿なのかなと思います。

私も自分のサイトに掲示板をつけたことが何度かありますが
ほとんど機能しないんですよね。書き込みが少なくて。。

疑問点としては、やっぱり、本当に収益生んでないのってこと
ですかねぇ。あれだけのアクセスですから、広告収入だけだと
ほんともったいないなぁって思いました。。

さて、「1ch.tv」のほうに話題は移ります。

志を高く持ってサイトをスタートされたのは理解できるのですが
やはり掲示板サイトとしては、物足りなさを感じますね。

一番盛り上がっている話題が「2ちゃんねる」批判だと見受けられ
より一層、物足りなさを感じます。

立ち上げ段階の思いや、サイト名に込めた思いなどと比較して
やはり、結果が伴ってないように感じてなりません。

あまりに強い敵に挑みすぎたというか、強い敵に挑むにしては
仕掛けが十分でなかったというか、物足りないんですよね。

とはいえ、「2ちゃんねる」に戦いを挑むというのはすごい。
売名行為にしては、正面突破って感じで嫌いではないです。
あとは、ひと工夫ですよね、きっと。

ただ単に「2ちゃんねる」についての問題提起や批判ばかりが
飛び交うだけではないサイトへと導く力強さが必要だと思います。

てな感じで、おしまい。
posted by ケーストックス at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。