2004年09月28日

マーケットプレイス

昨年の今頃は情報起業の波に乗って、ヤフーオークションの売り上げが
伸びに伸びていた。大証ヘラクレスよりも、一日の取引高が上回ったのも
確かこの時期くらいだったと思う。CtoCのナンバーワンはヤフオク。

一方、楽天市場も凄い勢いで取扱商品を増やしている。小耳に挟んだ
話によると、約7割の出展企業が赤字ということだが、BtoCにおける
マーケットプレイスと言えば、やはり楽天市場以外にはない。

様々な企業が、この2社に対して挑戦を挑もうとしているがどのように
切り崩せば良いのか作戦なんてないというのが事実ではないでしょうか?
世界最大のネットオークション「eBay」さえ勝てなかったんですから。

とはいえ、マーケットプレイスを確立することには、大きな魅力があり
ポータル的サイトを持つ企業には挑まずにはいられないのですが。

抜け道のない出展規約さえ作ってしまえば、あとは自社のリスクなどは
ほとんどなく、各売買ごとに2〜5%程度の手数料収入が入ってくるの
ですから、こんなオイシイ儲け話はないですよね。

ネット上にはショッピングカートレンタルや、ECサイト構築といった
サービスを提供されている会社が乱立している状況ですが本当のところ
ヤフオクか楽天を使った方がいいケースの方が多いような気がします。

マーケットプレイスを構築していくときに、最初にぶつかるであろう壁は

「商品がないと人が来ない」「人が来ないと商品を出品してもらえない」

という、とても分かりやすい問題になると思うのですが、既存のサイトに
参加すれば、そういった問題もないので、ネットで商品を売りたいという
目的だけなら、既に成功しているサービスを利用した方がいいと思います。

自社のサイトに自社製品だけのECサイトなんてナンセンスです。


さてさて、長いものには巻かれろ論は、この辺でやめておいて自分でも
何か仕掛けていければなと考えてますという話を・・・しようかと・・・
思いましたが、また次の機会に。

ちゃんとネタはあるんですよ。。。

ではでは。



posted by ケーストックス at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リアルワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/686431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。