2004年07月06日

ひろゆき・バッシング

最近、ライブドア・堀江社長のバッシングマーケティングという
手法が話題になっておりますが、2ちゃんねる社長ひろゆき殿も
バッシングマーケティングに参戦のようです。

さすがに、ひろゆき殿ですね。他の誰よりも綺麗なバッシングw
(元祖しゃちょう日記:「新聞読まないし、テレビも見ません。」)

ちなみに、一番へたくそなバッシング参加者は、小池様。
(共同通信編集長・小池新:「社長日記に異議あり!」)

バッシングマーケティングとは、批判を浴びて、同情や共感を
受けると言う手法らしいのですが、へたくそな編集長さんが、
そんなものに参加されると、悲惨な結果が待ってますよね。

バッシングを好転させる手法は、小泉首相が北朝鮮問題などでも
用いた手法で、かなり効果を発揮してますよね。
北朝鮮拉致被害者の家族会からバッシングされる映像をわざわざ
マスコミに報道させる手法など、現代の政治家ですよね。

そもそも、バッシングされてる内容なので、ここで改めて私から
小泉首相の一連の行動に対し、コメントするつもりはないです。

これもまた、バッシングマーケティングの極意なのでしょうか。

あちこちで、バッシングされているので、わざわざ自分の意見を
表明する気にはならず、逆に、「そこまで言わなくても…」という
同情・共感の意見だけが世間に溢れる結果となるのかな?

それにしても、堀江社長は話題を呼びまくりですねぇ。
近鉄買います!の費用対効果は、計り知れないです。

サイバーエージェントの藤田社長が、結婚と言う「人生の墓場」と
引き換えに、一時期は話題を呼びましたが、それより凄い効果を
「記者会見と野球観戦と日記」だけで…比較になりませんね。


そこで、話を元に戻すわけですが、ひろゆき殿のバッシングには
美しさを感じますね。こういう形のバッシングが、双方にとって
損のない綺麗なバッシングだと思います。

バッシングマーケティングも、ひろゆき殿にとっては、ひとつの
ゲームなんでしょうかね。

以上っ!
posted by ケーストックス at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 広告戦略論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hello guys, interesting discussion... BTW what you think about <a href=http://zerohops.com/>Drug and alcohol detox is evil</a>
Posted by at 2005年11月16日 06:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。