2004年07月04日

「萌える」

少々、今さらの感はありますが、「萌える」について書いてみます。
とにかく、この「萌える」ということに対して、面白いサービスを
提供できれば、間違いなく儲かりますので。

まず、基礎知識として、「萌える」について説明いたしますと…
色々な説があるのですが、とりあえず、「燃える」とかけた言葉で
主に人物やキャラクターに対する好意を表した表現です。

駄洒落と言えば駄洒落だし、新しい言葉といえば新しい言葉ですね。

最近、萌えビジネスの成功例としては、「萌える英単語もえたん」が
有名ですね。「萌える」キャラクターが満載の英単語集です。

アキバ系ビジネスとでも言えばいいのでしょうか?


このビジネスの成功要因は、とにかく多くの人が「萌える」ような
コンテンツを提供することにあります。とても分かりやすいです。

しかし、残念ながら、私には「萌える」という感情が欠落している
のか、希薄なのか分かりませんが、とにかく、「萌える」について
自分の感情として理解することができないんですよね。

例えば、「ブランド品を買う」だとか「ゴルフをする」ということは
自分は全く興味の無い分野の話なのですが、感覚としては何となく
理解することができます。「もてたい」とか「勝ちたい」などという
感情が背景にあるということが分かるからです。

でも、「萌える」っていったい何なのだろうか?

実は私、今月の中旬から、「アイドル系メルマガ」を発行しようと
準備の真っ最中でして、是非とも、この「萌える」を採り入れたいと
様々なサイトを見させていただいたのですが、難易度が高いですw

よろしければ、皆さまも「萌え」提供サイトを見てみてください。
→「萌え連合」…個人運営の「萌え」専門の画像サイトです。

もし、何か「萌える」技術、「萌え」させる技術をお持ちの方が見て
いただいた際には、是非とも、コメントください。
「萌え」コンサルタントとして、色々とご教授してくださいませ。

ってことで、何のまとまりも無い文章で申し訳ございませんが、
以上、「萌える」についてでした。
posted by ケーストックス at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。