2004年06月14日

『トータルワークアウト』

日本人総ダイエット時代、毎年、新しいダイエット法が生まれては
消えていく。そんな中、ダイエットというには、少々本格的な代物だが
トータルワークアウトという肉体改造法が注目を浴びている。

ジャイアンツの清原選手や、大相撲の千代大海、K−1の魔裟斗選手など
アスリートの中にもトータルワークアウトに取り組んでいる人は多い。

また、ライブドアの堀江社長も、自身のブログの中で
6/10 「朝からトータルワークアウト・・・
6/6  「朝からトータルワークアウト・・・
5/30 「昼過ぎに起きてトータルワークアウト・・・
5/27、5/25、5/20・・・4/24・・・
随分、熱心に取り組まれているご様子。

有名人に参加してもらい、宣伝塔として利用するという戦略自体には
目新しさを感じないが、「無酸素運動」によるシェイプアップという点で
興味をそそられる。

また、導入プログラム(?)は、3週間であり短期であること。ジムでは
パーソナルトレーナーという補助係が、横に付き添いながら、筋力を
限界まで酷使するという点にも注目できる。

これらの筋力トレーニングに加え、トータルワークアウトでは食事に
関しても、徹底的に指導するようだ。以前、清原選手がテレビの密着取材で
鶏肉だけの食事をしているところが映っていたが、おそらくは、この
トータルワークアウトのプログラムの一環だったんだろう。

三大栄養素には、タンパク質、糖質、脂肪の3種類がある。
タンパク質は、筋肉などを作る材料になる物であり、糖質は日常的な
人間の活動のエネルギーになる。そして、脂肪は非常時のエネルギーとして
体内に蓄積されるという役割だそうだ。

トータルワークアウトでは、タンパク質のみの摂取を理想であるとして
「低糖質、低脂肪」を薦めている。特に、3週間の導入プログラムでは
徹底的に食事制限を求められる。

以上が、トータルワークアウトのエッセンスのようなものでしょうか?

何となく、トータルワークアウトの宣伝マンみたいな文章になってしまいましたが
興味のある方は、ホームページを見てみてくださいな。

少し高いのが難点ですが・・・

もっとトータルワークアウトについて知りたい方は、主催者であるケビン山崎氏の
トータルワークアウト―3週間で劇的にカラダが変わる魔法のトレーニング
をオススメします。かなり詳細に書かれたトータルワークアウトの解説本です。

以上っ
posted by ケーストックス at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。