2004年05月11日

ドネルケバブ

オンラインでの金儲けばかりを扱う予定でしたが、予定を変更して
リアル店舗の話題をひとつ取り上げてみたいと思います。

みなさんも街で見かけたことがあると思いますが、ケバブというトルコの
ファーストフードが大人気です。
これまで、たこ焼きが定番だった移動式の車によるファーストフード販売に
晋旋風を巻き起こしております。

ケバブが未知のモノだという方は、コチラ

随分儲かっているという噂もチラホラ聞こえてまいりました。。

まず、人気の要因として挙げられるのは、商品としての斬新さでしょう。
なにせ、屋台の中で、ビーフとチキンの塊がクルクルと回りながら焼かれて
いるのですから、注目しないわけにはいきません。

あの二つの肉の塊こそ、このビジネスにおける一番の広告な訳です。
しかも、その場で焼いている分、良い匂いが辺りに立ち込めます。

また、ファーストフードとして絶対的要件である手軽さも備わっています。
たこ焼きは、手軽といっても、やはり立ち止まらないと食べられませんが
ケバブは歩きながらでも、片手で持って食べれます。

これらに加えて、日本人の舶来モノ好きっていうのも手伝っているのでしょう。
基本的に、ケバブの販売員は外国の人だし、ケバブという食べの自体が
本当か嘘か知りませんが、トルコの伝統的なファーストフードであり、
また、ヨーロッパでも人気の商品だという触れ込みです。

それからそれから、牛肉への渇望が広がる日本において、堂々と牛肉を
提供してくれるんですから、タイミングもバッチリです。

まぁ、このような色々な要因が重なり合って、ケバブという食べ物が
すごい人気を集めているのです。。

オンラインでの金儲けにばかり気を取られている間に、うまいぐあいに
路上の飲食という一番手軽な飲食業が奪われてしまいました。。。
といっても、何かアイデアがあったわけではありませんが。。

今回、このような形で、予定を変更し、リアル店舗であるケバブを挙げたのも
やはり、少しばかりオンラインに気を取られすぎていたことへの反省です。

どこに金儲けの種が落ちてるか分からないですからねぇ。。。

ちなみに、ケバブとは回転焼肉みたいな意味らしいです。
ってことで、以上っ!
posted by ケーストックス at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告戦略論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。